第三回イベント 『ファミリーコンサート 澄み渡るとき』

場所:厚木市文化会館小ホール
日時:平成22年2月11日(祝) 13:00開演
内容:第一幕 はとぽっぽ公園で  第二幕 稲田志保子コンサート
来場者:356名
主催:21世紀文化振興会
後援:厚木市教育委員会、AIGエジソン生命・厚木かわら版

第一部 現代風紙芝居「はとぽっぽ公園で」
第二部 電子ピアノコンサート(稲田志保子氏)

『ファミリーコンサート澄み渡るとき』は第三回イベントとして、厚木市文化会館で行われました。

 

ちらし

ごあいさつ

 本日はお忙しい中、『ファミリーコンサート 澄み渡るとき』にお越しいただき、誠にありがとうございます。
  皆様のご声援に支えられ、コンサートが開催できたことを心より感謝申し上げます。
  厚木公園(はとぽっぽ公園)をはじめ、市内には多くの公園が美しく管理されています。街なかの公園が心や体をどれだけ癒してくれているかは、計り知れません。
21世紀に入り、10年となりますが、見通しのよい時代とはいえません。いつか、はるかかなたまで澄み渡るときが来るはずです。
ともにそんな時代を迎えたいと取り組んでまいりました。
稲田志保子さんの奏でる音が、私たちの紙芝居に命を吹き込んでくれます。
第二部では稲田さんの音楽を思う存分ご堪能いただけます。どうぞ最後まで、ゆっくりお楽しみください。
≪ファミリーコンサート澄み渡るとき パンフレットより抜粋≫

気功グループ 

 

 厚木のはとぽっぽ公園から物語が始まります。
公園に訪れる人々によって繰り広げられるはじまる音楽や踊り…
前回のオーディションてき発表会に出場した、オカリーナDUO,リベラや、
小村輝子 気功グループ門下生(海老名座間気功グループ)のみなさんをはじめ、
中山しづえ 古布服教室門下生による、古布のファッションショーなどが
稲田志保子氏の演奏によって盛り上がりました。ハトによって語られ始めお話は、
武順子氏の朗読による“青い国のぬのばあ”へと続きました。

稲田氏演奏


電子ピアニスト・稲田志保子氏について
http://inada8denshipianolabo.web.fc2.com/sub1.html